•  「青ライオン(もどき)」の自作、巻き方編です。最初にことわっておきますが、これは正式な伝統毛鉤の巻き方ではありません。あくまで専用の「鉄針」ではなく普通のチモト付の釣り針に鮎毛鉤を巻くためにアレンジしたものです。正式な巻き方は私も修行中ですので、またいつか…(^^;。【巻き方】1.シケイト付け 鉤をバイスに挟み、腰(針の曲がり始め)の少し先にシケイトを付けます。 ①鉤にシケイトを引っ掛けます。 ... 続きを読む
  • 前回ご紹介した鮎毛鉤を私がどんな風に巻いているか、何を使って巻いているか、ご紹介します。鮎毛鉤の基本パターン、「青ライオン」を例にご説明しましょう(^^)。今回はまず材料と道具の準備編です。 まず、毛鉤の部分名称などの用語の説明です。鮎毛鉤各部は一般的にこのように呼びます。また、図の左方向=鉤先に近い側を「先側」、右方向=ハリスの側を「元側」といいます。先巻:一番鉤先に近い部分。鳥の羽、ラメ、絹糸の他... 続きを読む
  •  ああ、ここんと雨続きで釣りに行けないストレスが溜まったのか…とうとう、アレに手ぇ出してしまいました。ハマったら泥沼のディープな世界過ぎるので敬して遠ざけていたアレに…。あ、他人の奥さんとか人間やめますか系のアレとかカイジ的なアレとか違います、コレです。 …鮎毛鉤の自作。まずは、これまでに巻いてみた試作品から。ま、それぞれせいぜい「○○風」程度ですが(^^;青ライオン赤熊中金暗烏清水お染 若い頃からテンカ... 続きを読む
  • 10/16にアップした「京都オフとK川のチンチン釣り」と題する記事について、全公開すべきでない情報が含まれるため、一旦削除の上で友だち限定公開とさせて頂きました。コメントを頂きました皆様、大変失礼いたしました。当該記事をお読みになりたい方は、右の「このブログをお気に入りに登録」横のボタンから「友だち登録」にて申請をお願いいたします。... 続きを読む
  •  10/8、淀川へハゼ釣りに行ってきました。場所は阪神電車・姫島駅からすぐ、阪神電車と阪神高速3号神戸線が併走して淀川を渡るところにあるワンドです。 いいお天気で季節はずれの暑さでしたので、神戸線高架下の日陰へ入りました。ここは雨が降ろうが日が照ろうが釣りが出来る希少なポイント。滅多にないですもんね、屋根付きの釣り場って(^^)。 目の前には梅田の高層ビル群がにょきにょき。東京で言うと隅田川の八丁堀だの月... 続きを読む
  •  今回は、私が使っている自作サヨリ仕掛けについてご紹介します。 サヨリ仕掛けはマキエを入れるジェットカゴ、遠投のためのオモリの役目をする飛ばしウキ、アタリを取るアタリウキ、鉤が最小限の構成要素です。重量が一点に集中しない構造のため、投げた時に絡みやすいのが最大の難点。投げると同時に指をスプールに当ててミチイトが大きくフケないよう糸の出をコントロールし、かつ着水の寸前に強く糸を押さえて仕掛けを一直線... 続きを読む
  •  9月最後の土曜日、いつもの武庫川尻高場へサヨリ釣りに行ってきました(^^)。午前8時半~正午の3時間半で55尾、このぐらい数が上がるようになると盛期ですね(^^)。 サイズのほうは20cm前後がメインですが1割ほど23~24cmクラスが混じります。時々30cmオーバーのサンマサイズも来るようです。 盛期のサヨリは朝マヅメでなくても釣れるので、ゆっくりめの午前8時半に現場到着。朝イチ組がそろそろ帰り始めていました…ということは... 続きを読む

眩影

Yahoo!から引っ越してきました。釣り暦40年、色んな釣りを浮気して何ひとつ極めていないおバカ釣り師です。お金使わず知恵使おうをスローガンに色々な釣法・ハンドメイド釣り具の研究に勤しんでおります。どうぞ御笑覧ください。

掲示板はこちらからどうぞ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR